自分の生活に合わせたリフォームプランを立てよう
ロゴ

古い住宅もリフォームで改善【まずはどう変えたいのかを確認】

自分の生活に合わせたリフォームプランを立てよう

住まいに不満を感じたらリフォームを

年月の経過で、建物も古くなってしまいますので、そんな時には思い切ってリフォームをしてはどうでしょうか?リフォームと言っても、どこをどのように修繕していきたいのかによって工事の規模も大きく異なります。内部の壁のクロス張替えから、外観や家全体のリフォームなど、まずは自分がどのようなリフォームを望んでいるのかを明確にしてみましょう。

どのように住宅を変えたいのかを基準に計画

一般的に、リフォームは住宅や建物の中で古くなった所を修繕し、回復させます。兵庫や岐阜でも増えているケースですが、家族が増えたりして「部屋を増築したい」という希望の場合は、リフォームではなくリノベーションの検討をおすすめします。工事が大掛かりになるため、そのほうがプランや資金計画を立てやすくなるでしょう。

リフォームとリノベーションはどう違うのか?

リフォームとは

古くなってしまった住宅や建物を、修繕して新築と同じ状態にすることです。また、現状を回復するために部分的に修繕を行うこともリフォームに含まれます。

リノベーションとは

古くなった住宅や建物を、新たに作り上げ、さらに元の状態よりもその価値を高めることが目的です。建物だけでなく、ライフプランを新たに作り上げるのがリノベーションです。

広告募集中